読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラシック始めました

クラシック初心者がクラシックを発見するブログ

ヴァイオリン教室27回目

ヴァイオリン

風邪を引きずりつつレッスンに行ってきました。正直行くのどうしようかと思うくらいの体調でしたが、何とか行ってきました。今年の風邪はしつこいですよ。

4連のスラーの課題が克服できない。指定されているテンポではとても弾けないのです。ゆっくりしか弾けない。練習あるのみだけど、テキストの課題曲が入ったCDを聴いてもこんな速さではとても無理、としか思えない。前途多難。

アルぺジオを習いました。意味は分散和音。和音を分解して一音ずつ弾くというもの。しかしヴァイオリンの場合は3弦を同時に弾くということが可能なのかしら。出来ると思えないのだけど、どうなんでしょう。

テキストの新しい章に突入すると途端に音符が多くなった気がするんですよね。同一テンポでも音符が多くなると、すなわち速度が求められるということでそれが出来ずに停滞している気がします。練習あるのみですが、人間には限界ってものもあるんじゃないだろうか。

風邪ひきでマスクをしたままレッスンを受けていましたが、密室に風邪をひいたおっさんと二人きりというのはさぞかし先生も御嫌だったろうと思う。インフルではないのですという弁明はしておきましたが普通の風邪ならうつされても仕方ないってわけでもないので。
申し訳ない。